スギ花粉飛散量 まとめ 2016

2016.05.08 Sunday

0
    みなさま、GW最終日の今日、いかがお過ごしでしょうか。
    長野市のみやじま内科クリニック院長の宮島です。

    (いきなり余談ですが。マスコミなどでは「最大10連休」などと喧伝されますが、いったいどのぐらいの人が「10連休」なのでしょうか。あるインターネット調査ではその割合は6.3%。耳にする割には実社会を反映していないのは世の(かの業界の)常なれど…ちょっと安心しました)

    さて、シーズン前には「例年より少なめ」との予測が多かった2016年のスギ花粉の飛散量についてです。

    予想に反し、当院ではスギ花粉症の患者さんは例年比1.5倍でした(おおよその感覚)。
    3月中旬の2週間は、予約枠はすべて埋まり、順番待ちを選択された患者さんは2時間待ち、という状況でした。
    (付け加えますと、当院では通常の時間帯予約が埋まると昼休みや午後18時半以降の時間帯予約をリアルタイムで次々に開けていきます。したがって、時間帯予約が埋まり切ってしまうことは基本的には無いはずなのです。3月中の2週間はこれらの時間帯も全て使い切ってしまいました。)

    では実際にスギ花粉飛散量はどうだったのでしょうか?
    環境省花粉観測システム「はなこさん」の情報を見ると…

    一目して、長野市のスギ花粉飛散量は例年よりだいぶ多かった!、ようです。

    かくも予測というのは難しいのでしょう。

    スギ花粉症の皆様も努々盲信なされぬよう、来年に生かしてください。

    では「10連休」最終日、お楽しみください!

    JUGEMテーマ:健康
    コメント
    コメントする